ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank
So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

肺がん治療中、咽頭にも発生したが回復










私の闘病のはじまりは肺がんでした。

肺がん治療のために放射線を照射してもらって

いたのですが、こともあろうに新たに咽頭ガンが

できてしまったのです。

「これでは、何のためのガン治療かわからない」

そう思って途方にくれていた頃に、知人からキトサンを

すすめられました。

キトサンについては以前から知っていました。

その効果の高いことは聞いていたのですが、

なんとなく手にいれようという気にならなかったのです。

というのも、これまで健康食品には色々チャレンジしてみたんですが、

広告で言われるほどの効果を自分で体験したことは皆無でしたので・・


私自信の用いい方にも原因があったかもしれません。

飲み始めてみても継続ができない。

最初から「こんなもの効くのかな」という先入観からスタートする。


そんなところが私にはあります。


それでも、あらためてキトサンに注目してみると

「これこそ、ホンモノかもしれない」

という期待を抱かせる、何かがありました。

「だまされたと思ってやってみるか」


初めて飲んでみてキトサンの軽い渋みは気になりません

でした。


飲んでから1ヶ月半ほどで、食事量がはっきり増えてきて


それまで衰えていた体力が回復しました。


「やっぱりホンモノだ。これならガンを撃退できるかもしれない」

私ははっきりとそう思いました。


それはやがて確信に変わっていきました。


現在はもう普通食がとれるようになり、キトサンの量も増やして


一日5回にわけて飲むようにしてます。

病院の主治医にはキトサンのことは話していません。

それでもこの前

「何か他に「民間療法のようなことやってない?検査の結果
がやたらよくなってきている」と

主治医にいわれました。

わたしは黙って笑っていました。

次の検査がとても楽しみです



72歳 広島 男性 Kさん

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © キトサンを活用して健康生活を維持 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Designed by KAETENテンプレート
外貨預金との違い
newsing it! ゼニカル