ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank
So-net無料ブログ作成

キトサンのガン兵糧攻め










私たちの体には、癌を攻撃する細胞の働き(免疫)が備わっています。
それはマクロファージ(貪食細胞)、ナチュラルキラー細胞(NK細胞)
キラーT細胞などで、
いわば生体がもともともっている「ガン攻撃部隊」ともいえます。

通常のガン治療では、抗ガン剤や手術などで、ガン細胞を
直接攻撃する方法を用います。

ところがキトサンを用いる免疫療法は、ガン細胞を直接攻撃するのでは
ありません。
それは、マクロファージ、ナチュラルキラー細胞、キラーT細胞などのちから(免疫)
を増強させて、抗腫瘍(腫瘍に対抗する)効果を高め、結果的にガンを排除
していくものです。




またキトサンはガン細胞にとりついて、ガン細胞がエネルギーを補給する 過程をも阻害します


そうすることで、「兵糧攻め」にあったガン細胞は、死滅するのです。


キトサンのガン抑制効果は次のようにまとめることができます。


① 免疫力を高めて、細胞のガン化をくいとめる。

② ガン細胞を包みこんで

③ ガンの転移

④ 治療に耐える体力をつくる

⑤ ガンの三大療法と併用して

⑥一貫した

キトサンの免疫療法という言葉の響きは、手術療法や
化学療法や放射線療法と比べると、消極的な方法のように
思われがちですが、決してそうではありません。

免疫療法でガンを縮小させたり。消失させて
しまった例は数多くあります。


免疫療法の長所は
① 副作用がないため、患者さんの感情や思考が前向きになる

② 苦痛が減少して食欲が旺盛になるので、体力が回復する。
  などの利点があります。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © キトサンを活用して健康生活を維持 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Designed by KAETENテンプレート
外貨預金との違い
newsing it! ゼニカル