ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank
So-net無料ブログ作成

PET(ペット)検診










PETはすばらしい検査方法ですが、弱点もありま

 す。今日はそれについて解説します。


 PETにも弱点がいくつかあります。そのひとつは空間分解能が悪いというこ

 とです。3次元的にとらえるのが苦手でピントがずれたような画像になって

 しまいます。


 ですからPETの画像だけでは、異常が発見されてもピントが悪いために、具

 体的に、どこにあるのか?はっきりとわからない場合があります。


 そのため、PETの画像を分析する時にはCTやMRIといった、空間分解能のよい

 画像と対比させて診断することが一般的となっています。


 また、ガンでなくても、例えば肺炎なども同じような画像がでるため、がん

 との区別が難しいものもあります。


 さらに、PETでは診断が難しい、あるいはその有用性が低いガンがいくつか

 あります。例えば胃がん・腎がん・尿管がん・膀胱がん・前立腺がん・肝細

 胞がん・胆道がん・白血病などがあります。


 なお、PETで使われる薬剤はブドウ糖であり、副作用はないとされていま

 す。
タグ:PETの画像
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © キトサンを活用して健康生活を維持 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Designed by KAETENテンプレート
外貨預金との違い
newsing it! ゼニカル