ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank
So-net無料ブログ作成

診断 肺がん










基本的には、自覚症状が少ない癌です。
特に、肺の末梢の末梢型の癌は、症
状がない場合が多いです。


まず、咳や(血)痰などの症状があり
2週間程度続くようであれば、最初
に胸のレントゲン検査をします。


風邪だと1週間程度で直ってしまいますが、
それ以上ですと、結核とか肺ガ
ンの疑いとするのが通例のようです。




 症状



基本的には、自覚症状が少ない癌です。
特に、肺の末梢の末梢型の癌は、症
状がない場合が多いです。


まず、咳や(血)痰などの症状があり、
2週間程度続くようであれば、最初
に胸のレントゲン検査をします。


風邪だと1週間程度で直ってしまいます
がそれ以上ですと、結核とか肺ガ
ンの疑いとするのが通例のようです。







検査



 次に、ガンかどうか、あるいはどのタイプの肺ガンかを顕微鏡で調べるた

 め、肺から細胞を集めます。通常は痰の中の細胞検査をします。


 具体的には、次のような検査を実施します。


 (画像検査)


  胸部X線写真、CT(コンピュータ断層写真→胸、腹 、MRI(核磁気共鳴)

  →脳、シンチグラム→骨


 (内視鏡検査)


  気管支ファイバースコープ(気管支鏡)

  中心型も末梢型も発見が可能です。


 (生検[組織をとる])


  細胞診、気管支鏡下、CT下、喀痰


 なお、とくに脳、他の部位の肺、肝、副腎、骨などへの転移の有無を調べる

 ことが重要とされています


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © キトサンを活用して健康生活を維持 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Designed by KAETENテンプレート
外貨預金との違い
newsing it! ゼニカル