ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank
So-net無料ブログ作成

免疫力










免疫力がんを発病した人の免疫力は、低下しています。
体内にウイルスが侵入してきたときに戦う免疫細胞
(特にNK細胞)が、運動することによってより活発に働くようになるためです。



免疫力を高めるには、適度な運動が効果的です。
しかし、息が切れてしまう程のきつい運動では
バテてしまうだけで、脂肪は燃えてくれません。




免疫力が低下でがん細胞が増殖し、
腫瘍として発症すると言えます。脂肪を分解・
燃焼するためには充分な量の酸素を必要とします。




ウォーキングやジョギングなど軽めの有酸素運動
の継続が、免疫力を高めます。日頃、運動経験の
少ない人は15分程度から始め、徐々に30分
程度の運動が行えるようにしていくと良いです。





がん細胞の発生は先天的、あるいは
後天的な遺伝子レベルでの細胞障害が
きっかけとなりますが、本来の自然治癒力、
「がん細胞を排除する免疫力」が正常に機能していれば
、異常を生じたがん細胞は逐次体内から排除されて
がんの発病に至ることは稀です。有酸素運動とは有酸素運動とは
酸素を消費し充分な呼吸を確保しながらできる運動
(ウォーキングやジョギング、スクワット等)のことを呼びます。




30分以上続けて行えるようになったら強度を少しずつ
上げていけるとよいでしょう。運動習慣のある人は、
そうでない人に比べ、NK細胞の働きが活発であることがわかります。





また、強いストレスが続くなどして、
交感神経の緊張状態が続きますと、
免疫バランスが壊れて、自己細胞を破壊され、
遺伝子にダメージを与えがん発症へとつながるとも言えます。
この機能は年齢を重ねていくにしたがって衰え、また、
発がん物質といわれるものを長く取り込んだり、
不摂生な生活習慣を続けていくうちに免疫細胞は
活性化されなくなり、何らかの強いストレスが引き金となって、
がん細胞の力が勝ったとき、「がん発症」となります。




有酸素運動は無理なく続けることが大切です。
脂肪が燃え始めるのは運動開始後20分くらいから。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © キトサンを活用して健康生活を維持 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Designed by KAETENテンプレート
外貨預金との違い
newsing it! ゼニカル