ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank
So-net無料ブログ作成

がん検診










胃、肺、大腸がんの検診が「50歳以上」とされているの、
あまり若い年齢で検診しても、
そのがんにかかる可能性は低いですので、
費用や手間からすると検診によりそれほど大きな効果
を期待できないのではないか、ということです。




一般的にかかる可能性が高いがんについては、
発見率が比較的高く期待できる検診を受けると
いうことが必要だと思います。





最後に重要な点は、検診で
「精密検査が必要です」と言われたら、
必ず精密検査を受けるということです。
これをしない限り、検診を受けた意味はほとんどありません。




ただし、子宮頚がんや乳がんは若い年代で
増加していますので、若い年齢層で受けるの
が適切だと思われます。よって、年に1回、2年
に1回などのサイクルで受けていけばいいかと思います。





一方で、今時点で確実な有効性が証明されていない
、新しい検診方法に関しては、その検診を受けることに
より得られる利益と不利益のバランスを十分に考え
、受診する本人が、それを理解して受けることが必要
になると思す。胃がん、大腸がん、肺がん、子宮頚が
んの検診は、すでに十分な有効性が確立されています。






なお、がんの進行度は、それほど早くはありません
。現在、そのあたりの検診法としては、
前立腺がんに対するPSA値の測定とか、
肺がんに対するヘリカルCTによる検診がそうだといわれています。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © キトサンを活用して健康生活を維持 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Designed by KAETENテンプレート
外貨預金との違い
newsing it! ゼニカル