ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank
So-net無料ブログ作成

悪玉菌といわれる腸内細菌には











腸内細菌は3つに分かれ、善玉菌、悪玉菌、
日和見菌があります。
一番少ないのは悪玉菌なのですが、
の悪玉菌は体調の変化に大きく関わります。


体調が良い状態に保たれるには、
この3つの菌がバランスをとることによるのですが、
これは毎日変化します。



悪玉菌には世間では大腸菌や
ウェルシュ菌が広く知られています。
大腸菌は腹痛、下痢を起こします。


ウェルシュ菌は食中毒の原因となる細菌です。
魚、鶏肉、牛肉に含まれていることが多く、
汁物料理は注意を要します。


また、集団食中毒の原因の多くもこのウェルシュ菌です。別名を給食菌といいます。
このウェルシュ菌は加熱処理に耐性があり、別に存在する菌がいなくなっても、ウェルシュ菌だけは残っているのです。
こういった腸内細菌によって、下痢などが続くと、
善玉菌は外へ排出され、悪玉菌は増加します。
近代、食事が和食から洋食へと変化し、
肉食が中心になることが、ウェルシュ菌
や大腸菌などの悪玉菌を人の腸で増殖
させる原因の一つ伴っています。

この状態が続けば、大腸がんを引き起
こすこともありますので、腸の中は常に健康を維持しましょう。

「なかきれい酵素」で、体の中は20代








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © キトサンを活用して健康生活を維持 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Designed by KAETENテンプレート
外貨預金との違い
newsing it! ゼニカル