ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank
So-net無料ブログ作成

三大成人病の心臓疾患は命に関わる










日本人の死亡原因の6割を占める
三大成人病の中で、死亡原因第2位
にあがっているのは心臓疾患です。


心臓疾患の中でも最も多いのは、
虚血性心疾患です。


これは狭心症や心筋梗塞と呼ばれる、
心臓の冠動脈がふさがったり、
せまくなったりすることで、
心筋への血流が滞る病気です。




その中でも心筋梗塞はがん
に続いて死亡率が高いので、
心臓疾患は心筋梗塞を示すことがほとんどです。



心筋梗塞とは、心臓への血流が怠ることで、
心筋に栄養がいきわたらなくなり、
壊死してしまうことです。



これは慢性ではなく急性なので、
急性心筋梗塞、AMIとも呼ばれています。



急性ですので、いくら医学の発達により生存率
が上がったとはいえ、搬送されるまでに死亡
する場合も多いのが現状です。



前触れも、壊死まで至らない軽い症状
として狭心症があるのですが、
この前触れすらないこともあります。
このことから、心臓疾患も、
生活習慣の改善による事前の予防が必要といえるでしょう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © キトサンを活用して健康生活を維持 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Designed by KAETENテンプレート
外貨預金との違い
newsing it! ゼニカル