ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank
So-net無料ブログ作成

三大成人病で死亡する人










人は生きていれば子どもでも
大人でも病気にかかります。


しかし、成人すると、かかる確率が
高くなる病気を一般的に成人病と呼びます。


その中でも死亡率上位3つを占めているものを、
三大成人病と呼びます。
この三大成人病で死亡する人の割合は、
日本人の6割にのぼり、10人中6人は
いずれかの三大成人病で亡くなっているのです。
このようにたくさんの人が死に至るという意味では、
エイズよりも悪影響を及ぼすと言っても過言ではありません。



三大成人病は、がん、心臓疾患、脳血管疾患
の3つを指します。
この3つの病気を予防することが、
健康で長生きすることにつながるのです。


では予防策は何があるのでしょうか。
大きなポイントとしては、子どもと成人、
つまり大人の生活様式の違いにあります。
たとえばタバコであったり、お酒であったり、
新陳代謝が活発かどうかであったり、
ストレスなどが影響してきます。


大人になると子どものように生活する
のは無理ですが、今の生活に改善
できる点があるのなら、自分で気づくこ
ともできるはずです。


三大成人病の対策は、
最初にその気づきから初めて行きましょう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © キトサンを活用して健康生活を維持 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Designed by KAETENテンプレート
外貨預金との違い
newsing it! ゼニカル