ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank
So-net無料ブログ作成

飲酒とガン










タバコを吸わない人では飲酒量が増えても
食道がんのリスクは増加しないのに、
喫煙者ではお酒とタバコがリスクを
高め合う相乗効果があると言われています。
大腸癌はエタノール換算50gで1.4倍程度のリスクとなります。



乳癌では、欧米の疫学研究が一貫して関連
を支持していて、58,000以上の症例を含む53
の研究をまとめた解析では、エタノールで10g
(5%ビールなら250ml)増加する毎に7.1%リスク
が増加したとのこと。また、C型肝炎ウイルスの
キャリアが大量に飲酒をすると、肝臓の細胞が死滅
して肝硬変となり、肝臓がんが発生するリスクがより高くなります。




喫煙者では、口腔、いん頭やこう頭、食道がん
になる率が高いのですが、飲酒をする喫煙者では
、これらの傾向がさらに高くなってしまいます。
大腸癌はエタノール換算50gで1.4倍程度のリスクとなります。



乳癌では、欧米の疫学研究が一貫して関連を
支持していて、58,000以上の症例を含む53の
研究をまとめた解析では、エタノールで10g(5%ビール
なら250ml)増加する毎に7.1%リスクが増加したとのこと。
酒を飲む時に、タバコを吸う人が多くいます。





酒を飲む時に、タバコを吸う人が多くいます。
日本と欧米の疫学研究を比較すると、
日本人では欧米人よりも同じ飲酒量でも
大腸癌のリスク増加は若干多い傾向にあります。



昔から、「酒は百薬の長」とされてきましたが、
飲みすぎは、がんだけでなく、健康を害します。
また、C型肝炎ウイルスのキャリアが大量に飲酒をすると、
肝臓の細胞が死滅して肝硬変となり、
肝臓がんが発生するリスクがより高くなります。




飲酒が、がんになるリスクをどの程度、
高くするのかは、飲酒以外の要因により
かなり差があります。昔から、
「酒は百薬の長」とされてきましたが、
飲みすぎは、がんだけでなく、健康を害します。




タバコを吸わない人では飲酒量が増えて
も食道がんのリスクは増加しないのに、
喫煙者ではお酒とタバコがリスクを高め合う
相乗効果があると言われています。
アルコール自体に発がん作用があるというよりは、
むしろアルコールは主に発がん補助物質としてタバコ
の中の発がん物質の有害性を高めるものと考えられています。




大腸癌は頻度が多いので飲酒量を減らすこと
による予防効果は大きいと予想されます。
大腸癌は頻度が多いので飲酒量を減らすこと
による予防効果は大きいと予想されます。




日本と欧米の疫学研究を比較すると、
日本人では欧米人よりも同じ飲酒量でも
大腸癌のリスク増加は若干多い傾向
にあります。アルコール自体に発がん
作用があるというよりは、むしろアルコール
は主に発がん補助物質としてタバコの
中の発がん物質の有害性を高めるものと考えられています。




喫煙者では、口腔、いん頭やこう頭、
食道がんになる率が高いのですが、
飲酒をする喫煙者では、これらの傾向
がさらに高くなってしまいます。
【飲酒とガン】飲酒が、がんになるリスクを
どの程度、高くするのかは、
飲酒以外の要因によりかなり差があります。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © キトサンを活用して健康生活を維持 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Designed by KAETENテンプレート
外貨預金との違い
newsing it! ゼニカル