ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank
So-net無料ブログ作成

最近は慢性の疲労感と無気力感が区別つかなくなってきてるんですよ










現在、男性の更年期障害が急増している
といわれています。

ドクター酒井和夫インタビューより

これをどう予防したらいいのか?

女性の更年期障害はホルモンの関係
で起こりますが、今巷で言われている
男性の更年期障害というのは、
ホルモンというよりもストレスによる
自律神経のバランスの崩れが多い
です。


自律神経には活動的なときに働く
交感神経と、リラックス時にはたらく
副交感神経の二つの種類が
ありますが、

ストレスがたび重なってくると
交感神経が働きぱなしになって
しまうんですね。

そうすると、この両者のバランス
が崩れて、気力の落ち込みや
体のいろいろな不具合として
出てくるんです。

特にひどくなると家でふさぎこんだまま
になるというケースも珍しくありません。


普通は、誰もがストレスがそんな深刻
な症状を引き起こすとは思って
いませんよね。


それで気がつかないうちについつい
無理してしまうと思うのですが、
男性の更年期障害の兆候という
のは自覚症状として現れる
ものなのでしょうか?


初期症状としては、
慢性の疲労感と不安障害です。
ただ、この初期症状が分かりにくい
最近は疲労感と無気力感が
区別がつかなくなってきてるんですよ。

だから単なる疲労と思って放っておいたら
いつのまにか うつ病になっていたという
ケースも多いんです。


ですから身体と同じように、普段から
自分の心の状態に対しても極力注意
を払っておくことが必要ですね。

例えば体は疲れているんだけど、
休日には何かしないと損だと不安
になり、気ばかりあせってしまうとか、
今までは平気だったのに
人ごみの中に出るのがおっくうになる
とか
テレビのチャンネルを理由もなくよく
変えたりだとか、こうゆう状態がめだって
きたら、ちょっと黄色信号です。

----------
改善策 予防策として アドバイスはありますか?

そうですね、薬は使わないにこしたことは
ないので、それに類するような効果をもつ
サプリメントをとることをおすすめします。

精神を安定させるもあって
うつ病の方も飲んで元気になられた方も
いらっしゃいます。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © キトサンを活用して健康生活を維持 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Designed by KAETENテンプレート
外貨預金との違い
newsing it! ゼニカル