ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank
So-net無料ブログ作成

感染症えを防ぎ、がんと共存










私たちが毎日何気なく吸っている空気、口にする食べ物
などには無数の細菌やウイルスがついていて
常に体内に侵入している。

しかし、病原菌が体内入ったからといって
必ずしも病気になるかといういと
そうとは限らない。


なぜなら人には、外敵を排除し老廃物など
不要な成分を処理して健康をまもる
(生態防御)という仕組みが備わっいる。

から免疫力は、この仕組みの根幹をなすものだ。




高齢になるとともに、この生態防御システムは弱体化し、
がんや自己免疫疾患、生活習慣病を起こしやすくなる。

九州大学名誉教授野本亀久雄氏によれば
「がんは命を奪う怖い病気だとおもわれている
実はがん細胞はいくら増殖しても、全身をのっとる
ところまではいかないのだ。

がん患者の死因の多くは、病気によって
体力や免疫力が低下したことで起こる感染症
だから がんになっても感染症を防げば
がんと共存して長生きすることも可能だ。」

最近急増しているのはリウマチ性関節炎・
関節に腫れや痛みを伴う病気で、
圧倒的に女性に多い。

原因は明らかではないが
ウイルスや細菌などによって感染が生じ
それを抑える免疫の働きが強くなりすぎて
起こる一種の自己免疫疾患と考えられて
いる。

またアトピー性皮膚炎やぜんそく、鼻炎などの
アレルギーも免疫反応が過剰に働いて起きる
ものだ。

こした状況から身を守り、健康で健やかに
暮らしていくには免疫力を強化することが
最も大切なことだ。



毎日欠かさず摂取している人々は

結果として多く存在してます。



大切なあなたの人生周りのひとも
とても大切な人々です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © キトサンを活用して健康生活を維持 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Designed by KAETENテンプレート
外貨預金との違い
newsing it! ゼニカル