ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank
So-net無料ブログ作成

急性骨髄性白血病










白血病は、白血球が悪性腫瘍(がん)化して
白血病細胞となり、血液または骨髄の中で
増殖する病気です。


骨髄とは、骨の中心部にある血液
を造る場所のことで、白血病は経過、
または検査で、急性白血病と慢性白血病に
分類されます。

急性白血病は、白血病細胞の種類により、
さらに急性骨髄性白血病(急性非
リンパ性白血病)と急性リンパ性白血病に別れます。
日本での急性白血病の


発症頻度は人口10万人あたり約6人で、
成人では骨髄性白血病が80%以上を
占めます。


白血病の原因はまだわかっていませんが、
血液細胞の遺伝子レベルでの異常
が原因となっているとされています。
ある種の先天性の免疫不全症や、染色体
(遺伝子)異常を伴う先天性疾患でも白血病が
発生しやすいといわれています。


また、放射線・抗がん剤なども白血病の
原因の可能性があるといわれており
これらの治療を受けた後に発症した白血病を
二次性白血病と呼びます。



しかし、多くの場合は原因が不明ですので、
効果的な予防法もまだ、わかっ
ていません。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © キトサンを活用して健康生活を維持 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Designed by KAETENテンプレート
外貨預金との違い
newsing it! ゼニカル