ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank
So-net無料ブログ作成

胃がんの治療










外科療法


病巣を含めた胃の切除、
周辺のリンパ節の切除、
食べ物の通り道の再建な
どがあります。



がんが進んでいて、
腹膜転移などがすでにある場合、
主病巣である胃袋の切除と
再建だけを行ったりする場合
もあるとのこと。


内視鏡的治療

内視鏡的治療としては、
内視鏡的粘膜切除以外にも
内視鏡的レーザー治療
光化学療法などがあります。




化学療法

再発した場合や外科療法で
切除しきれない場合、腫瘍を
かなり縮小する効果のある薬剤
は出てきましたが、
残念ながら、完全に消失することは、
極めてまれなようです。








なお、化学療法には副作用があります。

がん細胞にだけ選択的に効く薬はなく、
抗がん剤は身体の中で新陳代謝の
盛んな細胞も同時に壊してしまうため、
副作用はおこってしまいます。




頭髪、消化管粘膜、骨髄などに作用し、
脱毛、口内炎、下痢、吐き気、白
血球や血小板の減少がおこります。






なお、放射線療法は
特殊な場合には行われていますが、
胃がんに対する治療法としては
一般的ではありません。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © キトサンを活用して健康生活を維持 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Designed by KAETENテンプレート
外貨預金との違い
newsing it! ゼニカル