ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank
So-net無料ブログ作成

どれくらいの量を飲用すればよいのか










「キトサンはどれくらいの量をとればいいのですか?」
とはよく聞かれる質問です。

実は正解はありません。

市場に出ているキトサンを調べてみると
形状としては粉末タイプ
ビタミンE、サフラワー油、カルシウム
βーカロチン、無臭にんにくなど有用成分
を添加しゼラチンで包んだソフトカプセル
飲みやすくした顆粒タイプ

キトサンをゲル状にしたものなどが
あります。


形状も違えば、メーカーによって飲用の
目安も違ってきます。


健康維持が目的なのか病気の克服が
目的なのかによっても摂取する量が違います


「体にいいものはたくさんとればいい」
というものではありません。

一概に「これくらい」とはいえない状況なのです。
機能性食品を紹介した本を読んでいたら

「機能性食品は頭で食べる もの」という記述が
目に止まりました。


なるほどその通りです。
薬と違って、健康食品をどうとるかは、
飲用者一人の判断に任されています。


初めは製品に書かれている目安を中心に
「自分の頭を使って」体調の変化をみながら
飲用量を変え、適量を変断していく
ことが求められるのです。


そのバロメーターの一つを経験則として
紹介すれば、便通です。

快食快便こそが健康の原点だと
思います。

同じメーカーのキトサン愛飲者に
どれくらいとっているのか尋ねる
こともいいでしょう。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © キトサンを活用して健康生活を維持 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Designed by KAETENテンプレート
外貨預金との違い
newsing it! ゼニカル