ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank
So-net無料ブログ作成

ColoPrintとMSI-Printの併用でII期とIIIA期の大腸癌患者の個別化治療を目指す










マイクロサテライト不安定性(MSI)シグネチャー
(MSI-Print)とColoPrintを併用することで、
個別化治療に向け、II期の大腸癌で
術後補助療法を追加する必要がない患者を
同定できる可能性が示された。
6月27日から30日までバルセロナで開催された
第14回世界消化器癌学会(WCGC2012)で、
スペインIDEBELL Institute Catala d’ Oncologia,
L’Hospitalet de LlobregatのRamon Salazar氏が発表した。




 II期の大腸癌患者で術後補助療法が推奨されるのは、
T4などの高リスクの患者であり、リスクが不明瞭な患者
の多くは取り残される。II期の患者では化学療法の
有用性が得られる患者と治療が不要な患者を同定する
必要がある。またIII期では全例に術後補助療法が推奨されるが、
良好な転帰が示されているのはIIIA期の患者である。




 Salazar氏らは、分子レベルでの危険因子、
すなわち遺伝子の発現プロファイルを用いる
oloprintとMSIを用いて、MSIとColoPrintのプール
解析を行い、MSI-Printを導入した。プール解析
のデータは3件の臨床試験から入手した。
各試験の対象は、I期からIII期が206人
、II期がそれぞれ135人と76人だった。




 その結果、ColoPrintでは、再発・転移が発生した
I期の患者320人とIIIA期の患者16人の65%が低リスク
に分類された。3年の無再発生存率(RFS)は、
低リスクの患者で92%、高リスクの患者で77%となった
(p=0.001)。3年以内の再発は、高リスクの患者で5人
に1人、低リスクの患者で13人に1人となった。
 



 ColoPrintと臨床因子を併用し、II期の患者320人
の再発リスクが算出された。ColoPrintで低リスクの患者では
、臨床因子が低リスクの場合は5%、高リスクの場合は13%だった。
一方、ColoPrintで高リスクの患者では、
臨床因子が低リスクの場合は18%、高リスクの場合は28%
に上昇した。ハザード比はColoPrintで低リスクの患者で
それぞれ1.00と2.79、高リスクの患者でそれぞれ3.82と6.68となった。
 



 さらにColoPrintでは、IIIA期の低リスクの患者も
同定できる可能性が示された。IIIA期の患者は16人のみ
だったが、低リスクと高リスクの患者のRFSの
ハザード比は3.8となった(p=0.08)。




 II期とIIIA期の患者の3年RFSについて、
ColoPrint(高リスクvs低リスク)、MSI、2012年のNCCN
ガイドラインの臨床病理学的パラメータの単変量解析を行うと、
ColoPrintのみがハザード比2.92で有意な
予後予測因子として抽出された(p=0.0001)。




 一方、MSIと臨床因子の併用では、
リスク群の分類は可能だったが、確定できない
患者も多く残された。MSIが高い
MSI-H)患者のRFSは18%にとどまった。





 ColoPrintでは、臨床リスクでは確定できない
患者でもリスク群の分類が可能と考えられた。
T3でマイクロサテライト安定性(MSS)の患者232人
について、ColoPrint、臨床病理学的パラメータ
の単変量解析を行うと、ColoPrintのみが
ハザード比2.73で有意な予後予測因子として抽出された
(p=0.01)。3年RFSは、高リスクの患者で79.9%、
低リスクの患者で92.2%となった。




 Salazar氏らは、MSI表現型を有する患者を同定
するため、64遺伝子シグネチャー(MSI-Print)の
開発を行っている。この方法について、132人の
凍結検体で検証すると、MSI-Printの感度は90.3%、
特異度は83.2%(AUC 0.942となり)、
さらに625人のホルマリン固定・パラフィン包埋
(FFPE)検体で検証すると、感度は94.3%、
特異度は90.1%(AUC 0.965)と高い値だった。
さらにMSI-Printでは、標準の方法では
同定されなかったMSI-likeの表現型も同定できる。




 II期の患者263人で術後遠隔転移するまでの期間
(DMFS)を比較すると、マイクロサテライト安定性
(MSS)の患者よりも、MSI-HとMSI-likeの患者で良好である
ことが示された(それぞれp=0.0145、p=0.0103)。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © キトサンを活用して健康生活を維持 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Designed by KAETENテンプレート
外貨預金との違い
newsing it! ゼニカル