ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank
So-net無料ブログ作成

胃がんの原因










食塩と胃がん


胃の粘膜が塩で荒れてしまうのは、
塩のナトリウムイオンが粘膜に結合する
ためとされています。


そこで問題となるのは食塩の摂りすぎ。
食塩は、人体にとって必要ですが、




摂りすぎは高血圧などの原因になります。
また、塩の摂りすぎが長期間続いて
胃の表面が荒れますと、痛んだ粘膜細胞







が活発に細胞分裂するため、
遺伝子に異常をきたしやすいわけです。



胃がんの原因

主なものはニトロサミンとヘテロサイクリックアミン、
そしてタバコの成分
とのこと。




ヘテロサイクリックアミンは、肉や魚などタンパク質
を焦がしたときにできます。


 野菜にはニトロサミンの原因、
亜硝酸塩が含まれますが、ビタミンCやカロチン、
食物繊維など、がんの危険性を抑える成分があり、
食べれば食べるだけがんになりにくくなると考えられています。




ハワイに移住するだけで胃がんになる割合は減ります。
これは、食塩摂取量が減ったためだと考えられているそうです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © キトサンを活用して健康生活を維持 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Designed by KAETENテンプレート
外貨預金との違い
newsing it! ゼニカル