ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank
So-net無料ブログ作成

飲酒










コップ一杯のビールで、真っ赤になって
頭が痛くなる下戸と、一升酒を平気

で飲み干す上戸では、
その人にあった飲酒量が異なってきます。
アルコールを代謝する酵素の機能には個人差があるようです。


調査結果では、飲酒量として、男性では2合以上、女性では1合以上でがん

 全体の危険度が高くなってくると言われています。

 しかし、男性でも1合以下の飲酒量ならがんの危険度はむしろ下がる傾向が

 あります。

 * 1合 = 180cc



 タバコの煙と異なりアルコールには発がん作用はありませんので、飲酒習慣

 は喫煙習慣ほど、がんへ直接的な影響はありません。


 しかし、口腔がんや食道がんは飲酒習慣、特に濃度の高い焼酎やウイスキー

 を飲む人たちで明らかな危険度の上昇が認められます。


 また、アルコール依存者や中毒患者では消化器がんの危険度が一般の人より

 数倍も高くなっております。


 一方、飲酒によるストレス緩和はがんや循環器疾患の危険度を下げる可能性

 もありますから、飲める人は適量飲酒(男で一合半まで、女で半合まで)を

 楽しむようにすることが大切になってきます。


 いずれにしても、ほろよいかげんの晩酌であれば、体にはよさそうです。
タグ:飲酒
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © キトサンを活用して健康生活を維持 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Designed by KAETENテンプレート
外貨預金との違い
newsing it! ゼニカル