ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank
So-net無料ブログ作成

幼児期のがん










ガンは幼い子供にも発生し、
場合によっては新生児に
も発生するとされています。





異常な遺伝形質プロセスは、
細胞の複製幼若化にたいして
抑制が利かないので、
制御されない増殖が早期より
亢進し、がん進行も速いわけです。


また、肉腫が多いことが特徴とし
て挙げられています。そのため、
外科治療による治癒が難しいとのこと。



 しかし、抗がん剤が効きやすいという
特徴も持っています。


幼児期のがんの発生ピーク年齢
は生後一年以内にあり、神経芽細胞腫
は最も普通に見られる新生児の悪性腫瘍
であり、白血病と中枢神経がんがその次に


続きます。女子新生児と男子新生児とは
概して同じ発生率とされています。


しかし、白人の新生児は黒人の
新生児に比べてほとんどの種類のがんにおい
て大幅に発生率が高いとのことです。


幼児期がんの主なものは次のとおりです。

神経芽細胞腫

 白血病

 中枢神経がん

 ウィルムス腫瘍

 生殖細胞がん

 軟組織肉腫

 肝がん

 リンパ腫

 上皮性がん

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © キトサンを活用して健康生活を維持 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Designed by KAETENテンプレート
外貨預金との違い
newsing it! ゼニカル