ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank
So-net無料ブログ作成

食物が積極的にがんを予防するのによいのか?










野菜・果物・大豆


具体的にどういう食物が積極的に
がんを予防するのによいのか?
ということ

ですが、簡単に言いますと、
それは野菜と果物ということになります。


大腸がん、胃がん、食道がん、乳がんなど、
ほとんどすべてのがんで野菜と
果物は予防効果があることがわかっています。


ただし、前立腺がんについては予防効果
がなさそうだといわれており、また
子宮がんや白血病についてはデータが少なく、
まだはっきりとはいえません。

摂取する量


野菜や果物をとる量ですが、
1日150gの野菜を食べている人
の大腸がんになる率を「1」としますと、
300g食べた人では0.8
になるというデータがあります。


胃がんの場合は、170gの人を「1」とした場合、
100gという少ない摂取量の人での危険率
は1.6に高まります。300gでは0.7と低くなります。
米国のがん研究財団では、
400~800gを1日に食べるとよいといってるらしいです。


これを目安に、緑黄色野菜に限らず
いろいろな種類の野菜や果物を食べるこ
とがよいということになりそうです。


大豆
また、日本には、乳がんが少ないと
言われていましたが、最近はかなり増え
ているようです。特に若い人たちの乳がんが、
かなり増えてきております。



その原因は、大豆を食べることが少なくなったことが
原因ではないかといわれています。


大豆には乳がんを抑える作用があるようです。









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © キトサンを活用して健康生活を維持 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Designed by KAETENテンプレート
外貨預金との違い
newsing it! ゼニカル