ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank
So-net無料ブログ作成

ガンの症状 やせる










がん患者のうち、約半分の人は、がんと診断された時に痩せ(体重減

 少)ているとのことです。

 がんで亡くなる患者さんでは2/3以上で痩せが発生しているとも言われて

 います。


がんの種類によって痩せが起こる頻度は異なります
乳がんや急性骨髄性白
血病、肉腫の患者さんでは診断時に痩せを
自覚した患者さんは1/3程度で、

あまり頻繁には痩せは起こりませんが、
大腸がん、前立腺がん、肺がんの患
者では診断時に半分程度の患者さんに
痩せが起こっているとの報告があります。



膵がんの患者さんは診断時には
80%以上の頻度で痩せが起こっています。


痩せる原因

がん患者さんが痩せる原因は
大きく分けて2つあります。


第1に、食事が摂れなくなり
飢餓状態になったためです。
食事が摂れなくなる理由はいろいろ
ありますが、食物の通り道である口の中、
食道、胃、大腸にがんができたり、
がんが大きくなり腸管が圧迫されて
通過障害が起きたり


して食事が摂れなくなります。
がんが進行して強い痛みが続いたり、
がんと告知された時の精神的ショック
によりうつ状態になると食事が
摂れなくなることがあります。


また、抗がん剤や放射線治療の副作用
により食事摂取ができなくなることが
あります。体重を維持するだけの
必要な食事量を摂取できなくなると飢餓状
態となり痩せが発生します。




次にがん悪液質の状態です。
ある程度進行したがんでは、悪液質と呼ばれる
極端に痩せた状態になります。
がんで死亡される患者さんのうちがん悪液
質が原因で死亡される患者さんがおよそ
1/4であると報告されています。


悪液質になると皮膚が乾燥し、
皮膚と毛髪の光沢はなくなり、目はくぼみ、

皮下脂肪のない痩せた状態になります。
また、脱力感、無力感、食欲不振
などの症状が現れてきます。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © キトサンを活用して健康生活を維持 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Designed by KAETENテンプレート
外貨預金との違い
newsing it! ゼニカル