ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank
So-net無料ブログ作成

癌の予防と対策










2段階発ガン説

ガンになるまでには、

二つの段階があるといわれています。



第1段階

細胞の遺伝子がキズつき、ガンの大元ができる(イニシエーション)
イニシエーター(初発因子)によって
細胞の遺伝子がキズつき、
ガンの大元ができます。


イニシエーターとしては、
化学物質、放射線、紫外線、ウイルス、タバコな
どがあると言われています。



第2段階

大元のガンが大きくなっていく(プロモーションと免疫力の低下)


イニシエーションの状態の細胞を刺激し増殖させて、
ガン(悪性腫瘍)になるわけです。

プロモーションに関与するものをプロモーター(促進因子)と呼びます。
プロモーターは、食生活(35%)、タバコ(30%)慢性感染症やウイ
ルス(10%)という研究結果があります。



また、本人の免疫力が低下することも、ガンを大きくします。食事やタバコ
だけでなく、過労、睡眠不足、ストレス、心の持ち方などが影響します。


第1段階の「細胞の遺伝子がキズつき、ガンの大元ができる」ことを、完全
に防ぐことはできません。生きている限り、毎日、自然に発生しています。


発ガン物質は、大部分が自然の産物らしいです。私たちの身のまわりにたく
さんあり、微量ですが食べ物にも含まれており、タバコにも多くのニトロソ
アミンが含まれています。








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © キトサンを活用して健康生活を維持 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Designed by KAETENテンプレート
外貨預金との違い
newsing it! ゼニカル