ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank
So-net無料ブログ作成

放射線療法










ガン細胞に放射線を照射する方法は
ガンが局所的で手術が困難な場合
には効果を発揮します。

また外科療法により
ガンに侵された臓器や器官の機能を
ある程度維持できるので
比較的患者さんへの負担が少なくて
すみます。


乳がんなどの治療では、乳房切除手術
と変わらない生存率が得られるなど
患者さんのQOL(クオリテイ・オブ・ライフ=
生活の質)

向上に貢献しているといえます。
しかし放射線療法は治療期間が長く
ガンによってはまったく効果がない
場合もあり。
抗がん剤と同じような副作用の問題
があります。


ここにあげた三つの療法には
残念ながら限界があります。
それはガン全体の5年
生存率は5割程度
にとどまっていることでもわかります。


せかっく意を決してがん治療を受けても
2人に一人が5年以内に亡くなって
しまうのでは、
あまりにも空しいといえます。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © キトサンを活用して健康生活を維持 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Designed by KAETENテンプレート
外貨預金との違い
newsing it! ゼニカル