ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank
So-net無料ブログ作成

水溶性キトサンとそうではないキトサンとの違い










キトサンにもいろいろな種類があります。
応用分野によって水処理用キトサン
化学工業用キトサン、食品工業用キトサン
農業用キトサン 医療用キトサンなどに
分けられ

キトサンの分子量(分子の大きさ)
によって高分子キトサン、中分子キトサン
低分子キトサンと区別されています。

さらに水に溶解できるかどうかの性質から
不可溶性キトサン、 可溶性キトサン
の二種類があります。

このように、いろいろなキトサンには
それぞれの個性があって、用途も
千差万別です。


またキトサン含有健康食品といっても
その中に含まれたキトサンによって
キトサンの本来の能力をどの程度
だせるかが違ってくるのです。

とくにキトサンが水溶性であるかどうか
分子量の大きさと体内吸収率は
キトサン含有健康食品の質にかかわる
重要なポイントです。

健康食品として用いるには、まず
水に溶けなければなりません。

水に溶けるということは体内
吸収率がよいということで
分子量が小さい(低分子)という
ことです。


これはキトサンの効果を発揮させる
重要な条件です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © キトサンを活用して健康生活を維持 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Designed by KAETENテンプレート
外貨預金との違い
newsing it! ゼニカル