ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank
So-net無料ブログ作成

副作用と同違うの?(好転反応)










キトサンの通常量の飲用の場合は、現時点では副作用の心配は報告されていません。

大量(たとえば、60kgの体重の人が一日40000mg)とると問題はあります。

医薬品(化学合成による薬品)の常用による 副作用についてはよくしられています。

が(しらされていないこともあったり、医師からは副作用に説明があったが、患者の知識

不足から副作用が理解できなかったという場合もある)

ストレプトマイシンによる難聴。 ペニシリンショックによる障害、

キノホルムによるスモン病、抗がん剤による脱毛・白血球の減少など

身体が悪化するときに起こる現象です。

この副作用に対して、この好転反応はほとんどの場合が出て4~5日して

消えてしまいます。

中には同じ反応が繰り返し出る人がいたり、異なった反応がしばらくの間

次々と出る人もいます。

まれに断続的に反応が出て非常につらかったという人もいます。

つらかったが、その後は非常に快適、と報告を寄せている人もいます。

この場合は、必ず医師の診療を仰がなければなりません。

好転反応の発生が分かってくると

「どれくらいの量を飲んだら、どのような反応があるのですか」

ときかれることがあります。

このような場合一般的な傾向を語ることはできても、

誰にも役立説明ができません。

「飲んで4日で水虫が治ってしまった」

「一週間で高校時代から悩んでいた便秘が解消した」

というケースから「飲用し続けて3ヶ月頃から便秘が解消しはじめた」

「3ヶ月飲み続けてみたがほとんど成果がなかった」といったように

個人差が大きくあり、この好転反応の出方にも大きく個人差

があるからです。

すぐ出る人、出ない人、断続的に出る人。軽い人、激しく出る人

十人十色といってもよいほどです。

2~3週間の間隔で断続的にいろいろな症状が現れた人

数ヶ月たってから突然現れた人もいます。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © キトサンを活用して健康生活を維持 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Designed by KAETENテンプレート
外貨預金との違い
newsing it! ゼニカル