ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank
So-net無料ブログ作成

キトサンの特質的事実










健康食品としてキトサンを見た場合

特質的なことがあります。

1つは短期間(1ヶ月以内)の飲用で

「なるほど体にいいと実感」した報告

が多くの人から寄せられていることです。

2~3ヶ月の飲用では、さらにパーセンテージ

が上昇します。

健康食品といえば「長期間の飲用によって、

ジワジワと成果が出る」ものが一般的なことを

考えると、キトサンの速攻性は健康食品の概念

を一変させたといえます。

2つ目は、飲用成果の報告が特定の部位だけでは

ないということです。


「風邪をひかなくなった」「便秘が治った」に始まり

「胃弱が改善された」という人もいれば

「子宮がんが消えた」という人もいます。

これだけ簡単に「飲用体験成功例」を集められる

健康食品も、珍しいのではないでしょうか。

3つ目が、好転反応が顕著に顕れることです。

ここで人によって成果が違う理由を探ってみましょう

成果の違いが生まれる原因には、製品成分の差

と飲用する人間の固体差という2つの側面が

あるようです。

①キトサンの精製度

②キトサンの含有量

③添加されている栄養素の組み合わせ

といった違いが上げられます

健康食品は、成分量を明示することは義務

義務づけられていません。

ですから「キトサン配合」と表示があっても

どのくらいの精製度のキトサンがはいって

いるか消費者に判断できないことが多いわけです。

ところが、精製度とキトサンの成果について、

何らかの関係があるのではないかと

思われるようになってきたのです。

現時点では、人間に対して

精製度が高いほど必ずしもよい成果

が現れるといいきれませんが

①キトサンを購入する場合には、精製度、含有量

を確認する

②その飲用結果を体系的に集め、分析する

ことで徐々にカイケツされると考えています。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © キトサンを活用して健康生活を維持 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Designed by KAETENテンプレート
外貨預金との違い
newsing it! ゼニカル