ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank
So-net無料ブログ作成

降コレステロール作用(成人病防止の切り札9










血中のコレステロール濃度が高すぎるとさまざまな

弊害をもたらすことが知られています。

血管壁の弾力性えおなくして動脈硬化をひきおこしたり

血管壁にとりついて血液を通りにくくすることで、

心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす原因にもなります。

コレステロールを正常値に保つことは

成人病予防にとって大切なことですが、

一度高くなったコレステロール値は容易にはさがりません。

バランスのとれた食事とストレスの無い生活

適度な運動がよいことはわかっていても、実行するとなるいと

難しいのが現代社会に生きる私たちの宿命です


ところが、九州大学農学部の菅野教授が、実験用の

ラットを使った実験でやっかいなコレステロールを

下げる作用がキトサンにあることを明らかにしたのです。

ラットにコレステロールを多く含んだエサを与え、

キトサン、セルロース(コレステロールを下げる作用のない

食物繊維)ペクチン(コレステロールを下げる作用のある

食物繊維)をそれぞれ投与した検察群を比較した結果

①セルロースを与えたラットの血中コレステロールは、

急激に上昇した。

②キトサンを与えたラットの血中コレステロールは

ほとんど上昇しなかった。

③ペクチンと比べて、キトサンのほうがより成果があった

さらにキトサンは血管壁からコレステロールを取り除き

肝臓に運んでくれる善玉コレステロール(HDLコレステロール)

を上昇させ、血管壁に取り付き、血液の流れを

悪くする悪玉コレステロール(LDHコレステロール)を低下

させるという報告もあります。

そして降コレステロール作用はキトサンの精製度が高い

ほど強いことも分かってきました。

この降コレステロール作用は93年になって人間でも成果

があることが、確認されています。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © キトサンを活用して健康生活を維持 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Designed by KAETENテンプレート
外貨預金との違い
newsing it! ゼニカル