ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank
So-net無料ブログ作成

成果が見えたらやめてもよいのか










健康維持が目的で飲用し、

費用の問題でやめるという場合は

体調を考えながらやめてもやむを得ない

でしょう。

慢性病からの回復を目的に飲用し、

「数字が改善された」「症状がよくなった」

という場合は、原因としての体質改善が

進んでいればともかく、量を減少させてでも、

しばらくのあいだは継続したほうがよいとの

報告があります。

悪くなる前に予防をし、健康を維持することが

健康食品の目的であることを考えると、

量は減らしてもよいですから、

継続的に飲用することがベターだと思います。

難病からの回復を目的に飲用し、見事に難病から

解放された人、回復基調にある人の場合は、

しばらくは継続的な飲用をしたほうがよいとの報告

があります。

飲用体験者の中には、よくなったのでやめてしまい、

その後再発した人がいます。

このような人の話を聞いていると、1~3年は量を

減らすことなく、継続的に飲用しなければならない

ものと思います。

人の細胞がすべて作りかえられるには、3年間

がかかるといわれていることを考えると

3年間の継続飲用もひとつの目安だと思います。

もちろんこの間にも、食生活の改善を含めた

体質改善が求められるところです。


一方、キトサンの飲用を継続的に続けることは、

意思の強さが要求されます。

体調がよくなってくると、つい飲用をサボってしまう

ことがあります。

そんなことのないように、家族その他の協力体制を

作っておくことが必要です。

12924024_T2.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © キトサンを活用して健康生活を維持 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Designed by KAETENテンプレート
外貨預金との違い
newsing it! ゼニカル