ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank
So-net無料ブログ作成

内部被爆対策 癌や禿げなどに後々ならないために










外部被曝今安全だ安全だといわれていますが10年後に癌になりたくないですよね

男性ならまだいいかもしれませんが、女性で10年後にどんどんはげていったらどうすればいいんですか。まず発電所からの外部被曝はいつまで続くのでしょうか?仮に4月いっぱいで解決したとして、現在放出されている放射線は土   水   植物  等から何日たったら消滅するの?ただちに人体に影響がないといいながら、10年後に癌が発生するリスクは保障してないんですよね?はげる事もいやですよね

Q 放射性物質とはなにか。

 A ガンマ線や中性子線といった放射線を出す物質を放射性物質と呼ぶ。今回のように体について汚染(被曝)されると、周囲に放射線を出し続けるため、除染をしなければならない。

 Q どうやって除染をするのか。

 A 汚染した服をビニール袋に入れ、体の汚染した部分を洗い落とす。最寄りの救護所で汚染度合いと部位を測ってもらい除染をしてもらう。医療関係者向けマニュアルでは、ぬれガーゼなどを使い中性洗剤でふき取るか、ブラシなどでこする方法を紹介している。

 Q 放射性物質による汚染や放射線の被曝を防ぐことは可能か。

 A 身を守る3原則は、放射性物質や放射線から「距離をとる」「当たる時間を短くする」「遮蔽物で遮る」。タオルを水でぬらして顔に当てる、換気をやめて家の外に出ない、などが重要になる。放射性物質を吸い込んだり飲み込んだりすると、肺などに付着したまま放射線を出し続け、体内が被曝し続けることもあるため、気をつけなければならない。

 自治体や保健所が保管するヨウ素剤(ヨウ化カリウム)を服用することも予防策だ。原子力災害では大気中に放射性ヨウ素が放出される。これは甲状腺で集中的に取り込まれ、甲状腺がんなどの原因になるため、事前にヨウ素を取り込み甲状腺を守る。

 マニュアルは「皮膚や傷の汚染が直ちに患者の生命にかかわることはほとんどない」としている。放射線も距離が離れるほど大きく弱まり、過度に不安になることはない。落ちついた行動が求められる。

 Q 今回の事故では、どのくらいの放射線量がでているのか。

 A 福島第1原発の境界で測定された放射線量は13日午後1時50分時点で、1時間当たり約1500マイクロシーベルト。例えば、胃のX線検査は1回600マイクロシーベルト、コンピューター断層撮影装置(CT)では1回6900マイクロシーベルトで、福島原発付近では人体に大きな影響を与えるほど強い放射線は出ていない。それでも、1年間に浴びる放射線量の基準は1000マイクロシーベルトとされるだけに、注意はいる。






放射線って蓄積されるんですよね

今自分が蓄積している放射線が、いくつなんだろうと常に考えながら日々を送って生きていかないといけないなんていやです。


蓄積された放射能はどうすればいいのか?

人体への影響が大きい放射性ヨウ素

 再処理工場から放出される放射能の中で、最も影響が心配されるのが放射性ヨウ素です。放射性ヨウ素は死の灰の代表的なもので、使用済み燃料の中にはたくさんあります。しかし、その大半はヨウ素131という種類で、放射能の半減期が8日しかありません。このため事故時には問題になりますが、再処理工場に運ばれて処理される使用済み核燃料の場合、プールで冷却される期間にヨウ素131は減衰して問題なくなります。

 ところがこれでめでたしめでたしにはなりません。ヨウ素129という放射能も使用済み燃料の中に含まれているからです。このヨウ素129、半減期が1570万年もあります。私たちの寿命を考えれば、一度環境を汚してしまえば永遠に汚染は続くと考えなければなりません。

  しかも、ヨウ素は貴重な栄養なので、放射性であろうがなかろうが生物がせっせと集め、濃縮します。人間の場合、甲状腺に貯まって体の成長をつかさどるホルモンの主成分となります。日本人は1日に平均して約1.5mg摂取していると推定されています。放射性ヨウ素も甲状腺に集まり、成長を阻害したりガンを作ったりすることになります。


簡単ですが基本的な部分ですので、おさらいです。


ますますキトサンの需要が高まってまいりました。その他にも放射能汚染特に体内(内部被爆

対策)としてキトサンのもつ機能のデトックス効果は期待したいところですが、

 今回のような震災被害による健康懸念により各人で備えたいところですね。

ガイガーカウンターでいくら放射線量がわかったとしても、内部被爆対策ってまだまだ

各人不十分じゃないでしょうね。

ますます。需要が高まるキトサンを是非日々実践していきましょう。

odjrh3000000gmbh.jpgodjrh3000000gmbh.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © キトサンを活用して健康生活を維持 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Designed by KAETENテンプレート
外貨預金との違い
newsing it! ゼニカル