ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank
So-net無料ブログ作成

肝臓障害










肝臓病の90%以上がウイルス感染によるもので、そのほとんどが肝炎から肝硬変、肝癌というふうに進行します。

また脂肪肝から進行するばあいもあります。

ところが、肝臓は本来、「沈黙の臓器」といわれるように症状がでにくく、自覚症状が現れたときには、相当悪化していることが

多いものです。


そのような肝臓障害に、キトサンが有効に働くことはあきらかにされています。

医学博士の松本亮 先生は臨床報告の中で、「キトサンは、B型肝炎、C型肝炎などのウイルスの活動を抑制して、肝臓の機能を高めて、症状を好転させる。また、細胞が活性化することで、副作用が軽減する」と述べておられます。



キトサンの血液中のコレステロール値を下げる作用は、肝臓にはよい影響をもたらします。

すでにマウスの実験では、高コレステロール飼料と同時にキトサンを与えつづけると、脂肪肝を進行せずに正常な

肝臓を維持することが証明されています。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © キトサンを活用して健康生活を維持 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Designed by KAETENテンプレート
外貨預金との違い
newsing it! ゼニカル