ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank
So-net無料ブログ作成

好転反応が出た場合の対処法










好転反応が出た場合の対処法


 好転反応がでたらどうするか


副作用あるいは病気の悪化との見分けが非常に難しいので、

「 それは恐らく好転反応でしょう。心配ないですよ」といって、キトサンをそのまま飲用し続けてくださいという訳にはいきません。


好転反応が出て症状が心配なときは、キトサンの飲用を一時的に中断したほうが良いと思います。

化粧品にも個々の化粧品が合う合わない人がいるように、キトサンも合う合わないがあります。


無用な飲用を続けて、苦しまないようにしてください。




キトサンの粉末は合わないがカプセルだと良いという人もいます。

キトサンそのものの量に関係することですが、逆の場合の人もいます。


カプセルに含まれる栄養素によっては好転反応を弱める可能性が検討されていますが、現時点では明らかにされていません。



再開するときはは、また一日0.5g(500mg)くらいから徐々に飲みはじめると、身体の対応がスムーズになり、


あまり好転反応が感じられなくなります。


また、キトサンを継続的に飲用しているいないにかかわらず、次のような症状の時は好転反応だと思い込まないで、

必ず医師の検査・診療を受けるようにしてください。


① なんとなく体調がおかしいなと思ったとき


② 好転反応のようだが、ちょっと心配だというとき

③ 他の体験者と比較して、症状が特にひどいとき



④ 症状が長期間に渡るとき。
 

⑤ 激しい痛みがあるとき



好転反応が心配なときの飲用法

次の好転反応を弱める飲用法は参考になると思いますので、紹介します



好転反応とは 新しい刺激に対して、身体が反応しているという現れであり、身体が順応するまでの一時的な現象

であるとするなら、キトサンを急激に多くの量を飲用するのではなく、少量からはじめて、体がキトサンに次第になれていくようにすればいいわけです。


最初の1週間は粉末なら 1日に0.25(250mg)程度 、カプセル(含有量によって異なる)が70mgの場合

としてなら一日3~4粒を飲用し、体調の変化の様子を見ます。
その様子を見ながら1日に0.5g(500mg程度)、カプセルなら7~8粒といったように、徐々に増量して
キトサンになれていくのです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © キトサンを活用して健康生活を維持 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Designed by KAETENテンプレート
外貨預金との違い
newsing it! ゼニカル