ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank
So-net無料ブログ作成

好転反応には、どのよなものがあるか










好転反応には、どのよなものがあるか


必ずしも断定はできませんが
参考までに金子朝夫先生の著書などをお借りして、好転反応を次の4つに大別して説明します。

1.弛緩反応

調査では35%の人がこの反応がでたとされています。
今までの病的な状態でいたある臓器が、本来の機能を回復しはじめると、他の臓器はその病的状態にあわせて
活動していたので、一時的に各器官同士のアンバランス状態が起き、このような反応が出るとされています。

このアンバランスな状態の時に

① だるきなる

② 眠くなる

③ 倦怠感が起きる

といった状態が発生します。この状態は少し時間がたつと安定し、元の次元の状態に戻ります。
元の状態にもどる時間は一般的には4日~5日から1週間程度ですが、これも個人差があり
断続的に出たという人もいます。

2.過敏反応


18%の人がこの反応がでたとされています。
急性の症状が慢性になって、慢性の状態が安定しているとき、病気にたいして強力な援助が加わると、慢性になる
前の急性状態に一時的に戻るときに出る反応とされています。

この反応には

① 便秘になる

② 下痢をする

③ 痛みがでる

④ 腫れる

⑤ 発汗する

といった状態が発生します。


この場合元の状態に戻る時間は、2~3日から4~5日が一般的です。断続的出る傾向があります。

なかにはひどい便秘になる人もいます。


3.排泄作用


10%の人がこの反応が出たとされています。


身体の解毒作用の現れで、体内の老廃物毒素、疲労素を分解排泄するときに出る反応といわれています。

汗や、尿、便、皮膚に反応がでます。

この反応には
① 吹き出物が出る

② 発疹する

③ 皮膚に変化が出る

④目やにがでる

⑤ 尿の色に変化が起きる

といった状態が発生します。


好転反応なのか病状の悪化なのかの判断が難しいので、熱が続いた場合には好転反応と信じこまないで、医師の判断
を仰ぐようにしてください。
タグ:好転反応
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © キトサンを活用して健康生活を維持 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Designed by KAETENテンプレート
外貨預金との違い
newsing it! ゼニカル