ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank
So-net無料ブログ作成

エグゼクティブのためのアンチエイジング










 年齢とともに低下するのが免疫機能。免疫力が落ちるとウイルスや細菌に感染しやくすく、病気が治りにくくなるので注意が必要です。





 体の免疫システムの中で最も重要なのは、骨の中にある骨髄です。ここでは血液成分の赤血球、白血球、血小板とともに、免疫機能に重要なリンパ球を生産しています。リンパ球のうちBリンパ球と呼ばれるものは、異物を排除するための物質である抗体を産生する働きがあります。骨髄は加齢とともに変化して、細胞の密度が少しずつ減って、脂肪や繊維成分が増えてきます。リンパ球の生産量は徐々に減ります。これが加齢に伴う「防御機能の低下」です。





 一方、骨髄でつくられたリンパ球の一部は胸腺に移動し、分裂、増殖してTリンパ球と呼ばれる特殊な免疫機能を持つ細胞になります。胸腺の大きさは年齢により変化します。生まれてからだんだん大きくなって重みを増した胸腺は、思春期にあたる10代半ばでもっとも大きくなります。それを過ぎると、胸腺の皮質や髄質が脂肪組織に置き換わって、40代の後半にはほとんどが脂肪だけになってしまいます。





 胸腺には「自己と非自己を認識する」という役割があります。中年以降にこの働きが衰えると、自分自身の細胞成分を攻撃してしまうようになり、慢性関節リウマチなどの自己免疫性疾患が増えるといわれています。これが加齢に伴う「自己と異物の識別能力の低下」です。





 大腸や小腸などの腸管は、細菌やウイルスなどが身体の中に進入しやすい場所なので、免疫システムが発達しています。腸管免疫機能が低下すると、腸管内の善玉菌(ビフィズス菌・乳酸菌など)が減り悪玉菌(大腸菌やウェルシュ菌など)が増え、腸内異常発酵や細菌性下痢を起こしやすくなります。また免疫機能が低下すると、監視の目を逃れた異型細胞(癌化した細胞)が増殖して、胃癌や大腸癌が増えてきます。





●老化に伴う免疫機能の変化





骨髄機能の低下 → Bリンパ球の減少 → ウイルスや細菌感染症の増加





胸腺機能の低下 → Tリンパ球の減少 → 自己免疫疾患の増加





腸管免疫の低下 → 善玉菌の減少・悪玉菌の増加 → 胃癌や大腸癌の増加





 老化による免疫機能の変化を表にまとめました。免疫力が落ちるとウイルスや細菌感染を起こしやすくなり、一度病気になると治りにくくなります。癌の発症や、慢性関節リウマチによる関節痛も増えます。結局、生活の質(QOL)は低下してしまうのです。





●免疫力強化には笑いが効く





 アンチエイジングドックでは筋年齢、血管年齢、神経年齢、ホルモン年齢、骨年齢といった老化度を評価すると同時に、免疫機能、酸化ストレス、心身ストレス、生活習慣、代謝といった老化を促進させる危険因子も評価します。しかし免疫機能の評価法はいくつかあるものの、確実に定まったものがないのが実情で医学的な裏付けデータが一番乏しい項目です。ドックでは、免疫機能を100点満点のスコアとして評価しています。いくつになっても80点以上を保ちたいものです。





●免疫力をアップさせる方法





・免疫力強化のホルモンを増やす


・ストレス(ストレスホルモン)を避ける


・腸内環境を整える(腸管免疫のアップ)


・ごきげんに生きて免疫力をアップする


・過労を避ける


・睡眠時間をたっぷりとる


・栄養不良を改善する


・大量飲酒を避ける





 年間を通じてほとんど病気をしない人なら免疫機能は80-90点以上あるでしょう。普段から風邪を引きやすい人、風邪をこじらせやすい人は免疫機能が70点以下に落ちている可能性があり要注意です。該当する人は免疫力をアップする生活を心掛けましょう(表2)。





 加齢とともに低下するホルモンの中に、免疫システムに影響を与えるものがあります。DHEAやメラトニンは免疫力の強化に働くので、これらのホルモン分泌を刺激するような生活療法を実践しましょう。DHEA分泌を促すコツは、筋肉量の確保、冒険心、ときめき、フリーラジカルからの防御、脂質制限です。メラトニン分泌を促すコツは、朝起床時に明るい光を浴びる、適度な運動、長時間の昼寝をしない、カフェイン制限、アルコールの過剰摂取を控える、寝る前にリラックスして部屋を真っ暗にして寝ることです。





 ストレスは神経系ばかりでなく免疫系にも作用します。ストレスホルモンのコルチゾルは、リンパ球を減少させるなど免疫機能を弱める作用があります。わたしたちの調査では、エグゼクティブの方々には過分なストレス負荷が掛かっていることが分かりました。ストレス過多の人は是非とも対策を練りましょう。ストレスがたまった時は、休息と睡眠でダメージから回復させることが重要です。そして翌日に新たなストレスに立ち向かうことです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © キトサンを活用して健康生活を維持 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Designed by KAETENテンプレート
外貨預金との違い
newsing it! ゼニカル